読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ感想備忘録

きままに漫画感想書いていきます。基本的に連載中は【ネタバレ感想】、完結済みは【紹介】(ネタバレなし)とします。たまに小説紹介あり。皆様のマンガ選びの参考になれば幸いです。

マンガ紹介【高校デビュー】

 

 

高校デビュー読みました

完結してからずいぶんたつので今更感ありますが

河原和音さんのマンガで青空エールを泣きながら読んだので気になってたんです

 

 

   f:id:batabata123:20170314224847j:plain

 【高校デビュー河原和音集英社

 

 

あらすじの前に、まずは言わせてください

 

ヨウが好きだーーー!!!

 

ヒロインの彼、ヨウがもうかっこよすぎる!!

そのうえ、ヒロインのこと本当に本当に好きなの

羨ましい!!

 

 

取り乱しました

ではでは

 

 

《簡単なあらすじ》

 

晴菜は中学時代、部活に打ち込む毎日を過ごしていた元気な女の子。

高校では恋をすると決めて、高校デビュー

でも男ウケを研究してもイマイチはまらず、やりすぎてメチャクチャ状態。そんななかで男ウケをよくわかってる同じ高校の先輩ヨウと出会い、モテのコーチをしてもらうことに。

いつも優しく励まし、フォローしてくれるヨウに恋をした晴菜。ヨウもまっすぐ頑張り屋な晴菜に惹かれていき...。

硬派なヨウと恋愛超初心者の晴菜の2人のドタバタラブコメ

 

 

 

こんな友達欲しい!と思える晴菜と

こんな彼氏欲しい!と思えるヨウ

友人も一癖ある人で楽しいです

 

一途に思われたい人、思ってる人には共感できるのでは??

おすすめです

 

 

おすすめ度 ★★★★☆

 

 

 

 

 

ネタバレ感想【椿町ロンリープラネット①〜⑥】

 

 

このマンガがすごい!2017オンナ編5位のこの作品

今月公開の「ひるなかの流星」の作者さんの次の作品です

 

ひるなかの流星(細かい感想を書くのは別の機会にしますが)はわたしの大好きなマンガの1つです

その作者さんということで、否が応でも期待が高まって読みました

現在既刊6巻ですが、今月7巻発売予定です

 

   f:id:batabata123:20170311142523j:plain

 【椿町ロンリープラネットやまもり三香

 

 

《簡単なあらすじ》

大野ふみは父と二人暮らしの高校生。

父が借金をかかえたことから、父は遠洋漁業へ、ふみは住込み家政婦となることに。

住込み先の家主は、目つきも口も悪い小説家先生・木曳野暁。

ふみと先生が一緒に暮らすなかで、少しずつ心を通わせていく二人の恋の物語。

 

 

男女の共同生活、恋、という定番な設定ですね。

ラッキースケベなシーンはないですが、目が覚めたら部屋を間違えた先生が同じ布団で寝てたり、お風呂上がりの半裸な先生にふみがドキドキしたりというシーンはあります。

先生が「天然ジゴロ」でふみは完全に振り回されてます。

 

いやーしかし、ふみが本当に良い子!

父の借金や母の死でもくよくよせずに頑張ってて本当に健気で。

家事や家計のやりくりに夢中で恋をしてこなくて「好き」がよくわからないふみ。

先生もいい大人で、これまでお付き合いもたくさんしてきたけど、同じく「好き」がよくわかってないんですよね。

 

ふみの方が先に「先生が好き」と気づき、諦めようと考えたりライバル登場で泣いたりしながらも頑張って。

ついに6巻で周囲の協力や励ましもあって、二人がお付き合いをするようになりました。

初デートもして、ライバルにも認めてもらって、順調そのもの。

よかったね!ふみ!

 

そんななかで、ひょんな事から出ることになった文化祭のミスコンで波乱の予感??

見目の良い上級生の永人、ほぼ初対面でふみの手を繋いでくるあたり、なんか心配です。

ここでまだ「なぜふみなのか」「ほかの元カノたちと何が違うのか」を考えてる段階の先生がどうでるか、期待したいですね!

 

主人公の二人以外にも、ふみの友達や先生の友人が良いキャラですよ。

ふみの友達やクラスメイトの男の子の恋や、ライバルだった女性の次の恋も応援したい!

 

次巻は今月発売。

楽しみです!

 

 

ネタバレ感想【東京タラレバ娘⑦】

 

 

ドラマも最終回直前ですね

 

早坂さんよりKEYくん派だったわたし

ドラマが始まってからは早坂さんも良いかもみたいな気持ちがうまれております

だって鈴木亮平さんの笑顔可愛すぎるんだもの

しかし坂口健太郎さんも素敵

あぁ...倫子うらやましすぎる

どういう最終回をむかえるか、楽しみです

 

 

さてさて、ドラマはさておき

7巻感想です

 

    f:id:batabata123:20170311140556j:plain

東京タラレバ娘】7巻  東村アキコ講談社

 

 

倫子と早坂さんがデートで入ったお店にKEYくんがいたところから始まりました

KEYくんなかなかに邪魔してきます

でもそれをさらりとかわす大人の早坂さん

いやー見直した!

 

その後、倫子と早坂さんはラブホに行き、付き合い、同棲を始める着々ぶり

 

お互いに、一緒にいて楽とかホッとする関係になれそうとか感じててなんだか良い感じ

 

一緒にいるときに気を使わなくて良くて、自分らしくいられるのってわたしはすごく理想だなーなんて思っちゃいました

10代、20代の恋愛じゃないから

結婚も意識する年齢だから

ドキドキ、キュンキュンは二の次なのかも

 

ただ、気になるのは倫子がまたしても、好きという感情よりも「楽」とか「この人でいい」とか言っちゃってるとこ

「好き」があって「楽」もあったらより理想的だと思うけど、まだ2人の間は傷ついた者同士の傷の舐め合いでしかないのかな

まぁ早坂さんが「ゆっくりいきましょう」って言ってたのに倫子が「スピーディーに」ってせかした関係だから、まだ「好き」ではないのかなー

うーーん...

 

さてさてKEYくんの方は、過去の話が掘り下げられました

結婚相手のこと、なんでモデルになったのか、なんで金髪なのか

いやー重い!

これをドキュメンタリーでって、かなりKEYくんはキツイよね

 

7巻のラスト

奥さんが亡くなった日の話をする撮影の日、KEYくんは仕事場に来なくて

事情を知った小雪と香が倫子のもとへ行きます

 幸せになってねと 応援するねと

 誓った  舌の根も乾かなうちに申し訳ないけど

 倫子    第4出動

 

さてさて、この後どうなる?

やっぱりKEYくんエンドかなー

 

 

 

 

マンガ紹介【天使なんかじゃない】

 

 

マンガの備忘録を書き始めると決めて一番最初に思い出したのはコレでした

 

とにかく青春時代ど真ん中!

(と言っても初めて読んだのは小学生かな?)

 

こんな高校生になりたい

こんな恋したい

こんな友達つくりたい

 

そう思えるマンガです

 

 

   f:id:batabata123:20170311105653j:plain

 【天使なんかじゃない矢沢あい集英社

 

《簡単あらすじ》

主人公の翠は新設された高校の一期生

明るくて元気でクラスの人気者

風邪で休んだ翌日、クラスのみんなから生徒会選挙に推薦されてて、突然立候補することに!

気になってた男の子、晃も立候補してたからさらにビックリ!

生徒会の活動をしながら、恋、友情が育まれていく青春物語

 

 

 

 

とにかく好き!!

恋に、友情にドキドキハラハラして切なくなって...

定期的に読みたくなります

 

嫌な人が一人もいない!

むしろ好きな人しかいない!

矢沢あいさんがかくマンガはどれも「本当の嫌な人」はいない気がしますね

 

それだけ一人一人が魅力的に描かれてるんです

 

 

おすすめ度  ★★★★★